夢の様な慰安旅行

楽に稼ぐなら大阪男性ナイトワークがおすすめです。女の子とも沢山絡めて、プライベートでも遊んだりする中になったりするケースもあるみたいです。

スーパーコンパニオンという存在を、この間の慰安旅行で初めて知った。
俺は風俗の経験もなく、真面目な人生を歩んできたサラリーマンだ。だからこそ余計にかもしれない。俺は初めてのスーパーコンパニオンの経験で、非常に驚いてしまった。そして、その後、風俗に目覚めてしまった(笑)

先週、慰安旅行で温泉へ行ってきた。男性16名。慰安旅行といっても、男16人は、なかなか暑苦しい(笑)
うちの会社には女性が1人もおらず、男性だけの非常に寂しい会社だ。上司がそれを思ってか、夜の宴会に、スーパーコンパニオンを呼んだのだ。

俺はスーパーコンパニオンという言葉を知らず、普通に接待してくれるラウンジやクラブのお姉ちゃんの様なものを想像していた。
でも、彼女達は、なかなかエッチなお姉ちゃん達だったのだ…!

普通のコンパニオンなら、お尻を触ったりすると、嫌な顔をするだろう。
会社の展示会のお姉ちゃんは、上司にお尻を触られた時、酷く嫌そうな顔をしていた。
でも、今回の慰安旅行の宴会場に来てくれたスーパーコンパニオンのお姉ちゃん達は、胸を触ったり、お尻を触ったりしても、怒らない。むしろ、少し喜んでいた程だ(笑)

俺も、少し宴会でお酒が入ってしまい、調子に載って、久しぶりに若い女性のお尻や胸を触った。
そしてその後、俺はどんどん調子に乗ってしまうことになる。

慰安旅行が終わって風俗にハマることになったのは、若い女性の肌を知ってしまったからかもしれない。あの日のスーパーコンパニオンのお姉ちゃん達との出会いから、ムラムラを抑えられない今、風俗へ週1は通っている。

多くの女性との濃厚なプレイができる渋谷エリアの風俗は女の子の精力がすごいので2回戦以上は覚悟しておいたほうがいいですね。
ボディコンのエロいお姉さんがあなたのチンコをこれでもかというくらい攻めてきますよ。五反田の風俗店はM男向きのマニアックなお店ですね。
宴会にスーパーコンパニオンを招待してちょっとエロい宴会を楽しみませんか?興味のある方はコチラをご参照ください。
ここは女性のお客にエクスタシー要素を含むエステ等を施術する女性用の風俗です。レズの方は是非試してみましょう。